活性酵素を除去する方法とSODについて

活性酸素をご存知ですか?活性酸素は体内で増えすぎると細胞の老化を促す悪者です。
活性酸素が増える原因は様々ありますが、増えてしまった活性酸素を減らすには実は酵素の摂取が一番です。
活性酸素が増える原因と酵素がなぜ活性酸素を取り除くのに有効的なのか調べてまとめました。

 

害として見られがちの活性酸素ですが、働きと役割があるからなのです。
なぜ、活性酸素というものが体内で生まれるのか知っていきましょう。
働きや役割だけでなく活性酸素が増えることで体に起こる具体的な現象などを紹介します。

 

  • 活性酸素の体内での働きはウィルスや細菌から守っている
  • 活性酸素は体の中で悪さをするだけではありません。
    元々はウィルスや細菌から体を守る働きを持っています。
    活性酸素はウィルスや細菌を攻撃できるほどの強い力をもっているため、体内にある健康な細胞まで攻撃してしまうというデメリットがあり有害物質として見られがちになってしまします。

     

  • 活性酸素が増える原因は普段の環境や生活習慣
  • 活性酸素は普段の生活で意識はしてませんが、呼吸で取り込んだ酸素を利用して代謝が行われることで生まれる酸化作用の持つ酸素です。
    呼吸だけでなく活性酸素は私たちの全ての行動に直結していて、仕事のストレスや睡眠不足、食生活が乱れている生活習慣の状態が続いていると増加していきます。

     

  • 活性酸素が増えすぎると起こる老化現象
  • 活性酸素は増えすぎると善悪の区別がつかなくなりウィルスや細菌を攻撃する特性から健康な細胞まで攻撃して結合することで酸化させてしまいます。
    活性酸素によって酸化した細胞が増えると肌の老化が起こります。
    肌の老化が進むことでシミやシワ、たるみを生んで肌のハリを失い、見た目が年齢以上に見られることが増えていきます。
    さらなる細胞の老化が継続的に続いていくことで体の免疫力が下がり、風邪をひきやすくなったり、最悪の場合ガンの原因にもなりかねません。

 

 

活性酵素を除去するスカベンジャーって何?

日々のストレスや食生活などにより増えすぎてしまった活性酸素を減らしたい所ですが、もともと体の中にはスカベンジャーという活性酸素を減らしてくれる強い味方がいます。

 

スカベンジャーの働きと効能
スカベンジャーは例えるなら体の中の掃除屋さんです。そして、抗酸化物質でもあります。
抗酸化物質でもあるスカベンジャーは体内で増えすぎて有毒化してしまった活性酸素と結びついて無毒化させてくれます。
さらにスカベンジャーは活性酸素を無毒化させるだけでなく、
活性酸素によって攻撃を受けた酸化した細胞を修復してくれる働きがあります。

 

スカベンジャーを含む食品と含まれる成分
増えすぎた活性酸素を減らす抗酸化物質でもあるスカベンジャー。
残念なことに体内のスカベンジャーは年齢とともに威力と数が減少していきます。
しかし、スカベンジャーの役割を果たしてくれるのは体内に存在しているものだけでなく食物の中に含まれている成分がスカベンジャーとして働きをしてくれます。
体外からスカベンジャー成分を補充することができるので20種類以上あるスカベンジャーから一部の成分を紹介します。

 

ビタミンはスカベンジャーの代表
ビタミンはスカベンジャーの中でも代表的な成分です。
特にビタミンのA・C・Eは3種類は同時に摂取することで食事の吸収力を高めて、強大な抗酸化作用が期待できます。
ビタミンA・C・Eをそれぞれ含む食材を取ることも大切ですが、A・C・Eすべて含む代表的な食材はピーマンとかぼちゃで効率よく摂取することもできますよ。

 

第七栄養素ファイトケミカル
ファイトケミカル自体は植物が虫や雨風、気温などから自分の体を守るために生み出した色や香り、においなどの自己防衛能力です。
色の濃い緑黄色野菜に多く含まれていて、具体的な成分としてポリフェノールやカテキンなど色のイメージがつきやすい成分が多く存在しています。

 

酵素もスカベンジャーの仲間
酵素もスカベンジャーの仲間でもあるので抗酸化作用で活性酸素を減らしてくれます。
酵素はすべての食材に含まれていて、その種類は数えきれないほどあります。

 

 

酵素はスカベンジャーの中でも抗酸化力がピカイチ。SOD酵素が活性酸素を減らす

実はスカベンジャーの中で抗酸化作用がピカイチで高いのは酵素です。
さらに酵素の中でもSOD酵素という種類の酵素は10億個以上の活性酸素を1秒で撃退して減らしてくれます。
しかし、SOD酵素も40歳を目安として年齢を重ねるごとに減少していくのが特徴です。
SOD酵素自体は明日葉やルイボスなどにも含まれているので積極的に摂取するのはもちろんのこと、体内でSOD酵素を生成するために必要な補酵素ビタミンA・C・Eも取ることが重要です。

 

 

酵素を減らさない行動も心がける

活性酸素を減らすために必要な酵素ですが、体内に元から存在している体内酵素を減らさない行動を心がけることも重要です。
いくら、活性酸素を減らす有効的な手段をとったとしても体内の酵素量が減る行動をとることで活性酸素を減らすことにはつながりません。
具体的に酵素を減らす行動を3つにまとめました。

 

・甘いものや脂っこいものを控えたバランスの取れた食事を心がける
・カフェインやアルコール、タバコ(ニコチン)の摂取を控える
・早寝早起きなどリズムのある健康的な生活習慣にする

 

ただ、すべての行動に制限をかけてしまうとストレス発散ができず活性酵素を生む原因にもなるので、すぐにはできなくても「今日は休肝日を作る」「タバコを一日ずつ1本減らしてみる」など少し意識をするだけでも体の酵素量は変わってきます。

 

活性酸素を減らすために

スカベンジャーでもある酵素。酵素サプリで手軽に摂取することも可能です。
酵素不足を酵素サプリで補うことで活性酸素を減らすことに一役買ってくれます。

 

ただ、酵素サプリならどれを摂取しても同じというわけではありません。
酵素は熱を加えるとその効力が半減し失活状態になります。
酵素をカプセルやタブレットなどのサプリメントにする製造過程では必ず加熱の工程があります。
酵素サプリを選ぶ時には非加熱製法で作られた生酵素サプリを選ぶようにしましょう。