酵素ドリンクのおすすめをお好みの条件で簡単比較!人気の売れ筋をまとめました!

今人気の酵素ドリンクをランキング&お好みの条件で検索できるようにしました。

健康的な体重管理ができることで大ブームとなった酵素ドリンク。

サプリタイプが広まった今でもドリンクタイプにも根強い人気があります。

しかし酵素ドリンクと酵素サプリの違いについて知らないまま、何となく健康に良いと思って取り入れている人も少なくないのではないでしょうか?

目的も製造方法も意外と異なる両者。そして最も関心の高いテーマが、

酵素ドリンクと酵素サプリ

どちらを飲む方が効率良く、酵素の実感を得ることが出来るのか?ということでしょう。

このページではそれぞれのメリットとデメリットを比較してみます。

飲んでも全く無意味な酵素ドリンクも存在する


酵素ドリンクの一番のメリットは、発酵させていること。栄養の吸収力に優れており、腹もちなどの実感も分かりやすいという口コミも目立ちます。

ダイエット法としても定着したファスティング中のアイテムとしても人気が高く「酵素」といえば酵素ドリンクを思い浮かべる人の方が多いのではないでしょうか?

しかし、酵素ドリンクには酵素独特の風味がある為、飲みにくさや続けづらさを感じてやめてしまったという方もかなりいらっしゃいます。

酵素ドリンクが苦手な方は、炭酸やジュースで割って飲んで、酵素独特の風味を抑えていた方がほとんど。確かに口当たりに変化が出るので続けやすくなります。

しかし、これはデメリットとも言えます。ウィルキンソンの無糖の炭酸水ならまだしも、ジュースで割っていたらむしろ糖質を摂る頻度が増えることになってしまいます。

また酵素ドリンクのデメリットとして最も強調したいことが、「清涼飲料水」の区分であることです。

一般的に清涼飲料水は、製造工程において殺菌消毒の目的で加熱処理をおこなうことが定められています。

たんぱく質の一種である酵素は熱に弱い性質ですので、加熱処理をしてしまうと酵素が壊れてしまいます。

ということは、せっかく酵素ドリンクを飲んだとしても加熱殺菌されているので、酵素だったものを飲んでいるにすぎなくなります。つまり加熱処理している酵素ドリンクを飲んでも、全く意味がないですし、そのような商品で痩せるというのは真っ赤なウソといっても良いでしょう。

しかし、今は何とか酵素が壊れないように各社工夫を凝らしています。それでも、いまだに単なる清涼飲料水=ジュースを酵素ドリンクとして売っているメーカーもありますので、酵素ドリンクを選択するときはより慎重になる必要があります。

一方でサプリの場合、ドリンクタイプと比較すると値段が手頃であることや、いつでも飲めて継続しやすいことがメリットの一つです。

酵素ドリンクのように酵素独特の風味がないので、酵素が苦手だなと感じている人でも飲むことが出来ます。

ただしサプリはお世辞にもファスティングに向いているとは言えません。

また「生」と「そうでないもの」があります。少しお値段は高くなりますが「生酵素」でなければ意味がありません。

「生酵素」は製造過程で旧来の酵素ドリンクのような加熱処理をしておらず、必ずしなければならないと定められているわけでもありません。

ですから生きたままの酵素が凝縮されています。

ですから「生酵素」を使用していればそのままの酵素を取り入れることが出来ます。

結論からすれば、ファスティングの用途で使用するなら酵素ドリンク。携帯性に優れ、空瓶も出ず、酵素ドリンクのように希釈したり別の飲み物と割ったりということがわずらわしければサプリ。特に、毎日簡単に生の酵素を摂りたいのであれば生タイプがおすすめです。

いずれにしても、豊富な栄養を含んだ野菜や果物がたっぷり凝縮されています。最近では、発酵過程を加えた原料の配合されたサプリも登場し、両者の主原料にもほとんど違いが無くなってきました。

しかしそれぞれにメリットとデメリットのあることがお分かり頂けたかと思います。酵素ドリンクの瓶を持ち歩くなんてできませんから。

その点では、ファスティングもしくは自宅用としてドリンクを、携帯用としてサプリといったように併用するのもおすすめです。飲み忘れることもなく、継続しやすくなります。

どちらも続けることに意味がありますので、あなたのライフスタイルに合わせて選ぶようにしてみてください。

酵素ドリンクはどうやって選んだらいいの?

・酵素が加熱処理によって壊れていないか確認
先程も申しあげたように、酵素ドリンクは清涼飲料水にあたりますから、少なくとも加熱殺菌をしています。この加熱殺菌の温度が高すぎたり、加熱時間が長いと酵素が壊れてしますことになります。加糖していてさらに高温で加熱している酵素ドリンクなんてもう最悪です。ただの砂糖ジャブジャブのジュースというわけです。

ですから、正しい選び方で最優先すべきポイントは、酵素が壊れていないかどうかチェックすることになります。よく酵素が死んでるといった文字を目にすることがありますが、酵素は生き物ではありません。酵素が生きているとか死んでいるというのは表現として誤りですし嘘ということになります。

ただ、酵素が壊れていないかをチェックするのは重要です。

・砂糖や添加物が加えられていないかチェックする

香料、カラメル色素、加糖しているかどうかといった添加物の有無をチェックしてください。特に糖質制限やファスティング(断食)に利用する場合は砂糖などの添加物の有無に気を付けてください。

・極端に安い商品は避ける
良く「続けやすい価格のものを」といった選び方を目にすることがありますが、酵素ドリンクを何年も飲み続けると言った使い方をする人はほとんどいないでしょう。

今では酵素ファスティングに利用する人が殆どで、プライベートジムなどでもトレーナーさんがすすめることがありますよね。

でも、いきなり1週間断食とか、三食置き換えをする人なんていないにしても、ひと月にどれくらいの量を使用するか、ひと月にいくらまで出せるかというのを考える必要があります。

例えば、ひと月に2000円とか3000円しか予算がないということであれば、やめておいた方が賢明です。その価格帯の商品は間違いなくただのジュースと言っても良いでしょう。

プライベートジムで使用されるような酵素ドリンクは間違いなく高価です。ぼったくっているわけではなく、原材料費に加えて製造に時間がかかりますので、どうしてもそこそこの価格になってしまいます。

三食のうち一食だけ置き換えるにしても、本物の酵素ドリンクを使用しなければ意味がありません。

酵素ドリンク絞り込み検索

お好みの条件で商品を表示する検索機能を作ってみました。
絞り込み過ぎると商品が出てこない場合がありますので、
まず一番重視するポイントをチェックして絞り込んでみてください。

本商品の価格
定期購入回数の縛り
返金保証
砂糖の有無
添加物の有無
インスタ投稿数
サポート成分

このページの先頭へ戻る