麹菌と酵素ってなに?どんな違いがあるの?

麹菌と酵素ってなに?どんな違いがあるの?

最近、サプリンメントに麹を入れた商品の注目度が上がってきているように感じます。

テレビ番組で紹介されていることもありますよね。しかし、麹がどうしてサプリメントに配合されているのか気になります。

色々調べてみると、麹と酵素には切っても切れない相性の良さが判明しました。

麹菌は酵素を生む万能菌

麹自体は、日本古来からある麹菌を穀物などに植え込んだ発酵食品です。

大豆に麹菌を混ぜ込んで発酵させれば味噌や醤油に進化する魔法のような麹ですが、味噌や醤油に生まれ変わらせる力を持っているのは酵素です。

麹菌は酵素を作り出す原料でもあります。発酵食品は、酵素が食物を分解することで出来上がります。

麹が酵素を生むことで得られるメリットを、3つのポイントで紹介します。

  • 生きた麹菌はダイエットにも役立つ
  • 麹菌が作り出す酵素には、糖質や脂質を吸収しやすい形に変化させる働きがあります。

    麹菌が作り出す分解酵素は糖質や脂質をブドウ糖やアミノ酸に分解してくれるため、ついつい食べ過ぎてしまう油っこいものや甘いものを、消化しやすくしてエネルギーに変えやすくしてくれるのは頼もしいです。

  • 麹は美肌ををつくる
  • 麹に含まれる消化酵素は、タンパク質やでんぷんを分解して美肌の元であるアミノ酸や糖を作り出すだけでなく、ビタミンB2も含んでいます。
  • 麹には善玉菌がある
  • 麹の元ともなる麹菌には、腸内環境を整えてくれる善玉菌が豊富に含まれています。

    腸内環境が整うことは自然な感じのお通じだけでなく、消化と内臓の働きにも活躍します。基礎代謝も上がることで太りづらい体へ近づけることもできます。

麹の安全性はどうなの?副作用はある?


麹自体の副作用というか、気を付けるべき点は麹の種類によっても変わります。例えば、ほとんどの麹はお米から作られるため米アレルギーを持っている人は注意が必要です。

米アレルギーではなくても、食物アレルギーが不安という方は医師や栄養士などに相談してみるようにしましょう。

麹と酵素は相性の良いコンビ
麹も酵素が配合されているのに、酵素と一緒に摂る必要があるの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

生酵素だけでも野菜やフルーツが持つ酵素をしっかり摂ることはできます。しかし、麹の持つ「分解して溜まりづらくする」というのはかなりのメリットです。
このページの先頭へ戻る