酵素が多い食品まとめ。どんな食べ物を摂ると良いの?

酵素が多い食品まとめ。どんな食べ物を摂ると良いの?

生の野菜や新鮮なフルーツ。発酵食品などには他の食品と比べても多くの酵素が含まれています。

酵素をたくさん体に取り入れることは良いことですが、調理の方法や食べ方に気を付けないと摂取できる量が減ってしまうこともあります。

せっかく、身体に良い食材を食べても、健康に気を遣っても栄養元である酵素が無駄になってしまうのは悲しいですよね。

このページでは、酵素の多い食品や、酵素を効率よく摂る方法をまとめました。

また、体内の酵素を極端に減らしてしまうNG食品も紹介していますので、食事の際に気を付けてみてください。

酵素の多い食品まとめ

食品に含まれる酵素は消化酵素のことを指します。消化酵素には、栄養を分解して吸収しやすい形にしてくれる働きがあります。

さらに消化酵素は、タンパク質、でんぷん、脂肪をそれぞれ分解するプロテアーゼ、アミラーゼ、リパーゼの3種類に分けられます。

消化酵素の種類別に多く含む食べ物をまとめてみました。

タンパク質分解酵素:プロテアーゼが多い食品
キウイ・いちじく・パパイヤ・パイナップル・玉ねぎ・納豆・りんご
マンゴー・メロン・生姜・梨・舞茸・タケノコ・塩こうじ etc..

でんぷん分解酵素:アミラーゼが多い食品
だいこん・かぶ・バナナ・にんじん・ブロッコリー・お酢・かぼちゃ・パプリカ
菜の花・カイワレ大根・豆苗・長イモ・アルファルファ・キャベツ・ラディッシュ・なす・山イモ・もやし・芽キャベツ etc..

脂肪分解酵素:リパーゼが多い食品
味噌・チーズ・漬物・納豆・アボカド・ほうれん草・大根・トマト・グレープフルーツ
オレンジ・いちご・ピーマン・ズッキーニ・スイカ・とうもろこし・セロリ・カリフラワー etc..

酵素が多く、簡単に手に入れやすい食材はやはり野菜やフルーツです。

ただ、酵素は熱に弱い性質を持っていますので、生のままサラダにして食べるのがベストです。

食材の酵素を増やす食べ方

食品に含まれている酵素はなるべく無駄にしたくないもの。

効率的に酵素をもっと増やして食べる方法を紹介します。

  • 酵素を活発化する「すりおろし」

  • 野菜やフルーツに含まれる酵素は細胞の中に存在しています。ですから、調理過程ですりおろすのがポイントです。
    すりおろすことで細胞膜を破壊し、酵素の働きを約2〜3倍に活発化させます。

    酵素が豊富な食材を食べても、細胞に閉じ込められたままでは、そのまま体外へ排出されてしまうこともあります。りんごや大根をすりおろして食べたり、ミキサーでスムージーにするのもおすすめです。

    すりおろしてから時間経過とともに酵素は減少してしまうので、なるべくすりおろしてからすぐに食べるのがポイントです!

  • 発酵食品を活用する

  • 発酵食品は酵素との相性がよく、材料の発酵過程で微生物により人間にとって好ましい物質へと変わります。

    発酵食品といっても種類はさまざまありますが、なかでもお酢に含まれる酵素は体内の酵素を活発化させて増やす働きがあります。

    穀物酢や果実酢などたくさんの種類がありますが、酵素ダイエットをするなら黒酢がおすすめです。

    黒酢には麹菌や乳酸菌が豊富で、酵素の働きをサポートするアミノ酸やクエン酸の含有量もお酢の中ではピカイチです。

    ドレッシングによく用いられるバルサミコ酢も黒酢の一種ですので、サラダにバルサミコ酢をかけるのもおすすめです。


酵素を摂るときに気を付けるポイント

ただ闇雲に「酵素が含まれている食品」を取ればいいというわけではありません。

酵素を摂るときに気を付けたいポイントをまとめました。

発酵食品の場合は塩分と醸造方法に注意する
納豆や味噌、醤油などの発酵食品も酵素は豊富です。

醤油や味噌は食事の味付けやアクセントとして使いますが、塩分が多い為過剰摂取をしてしまう可能性があります。

塩分カットされた商品もありますから、塩分には注意して1日1回程度の摂取が望ましいです。。

また、醸造方法にも気を付けたい所。

発酵食品の醸造方法には天然醸造と速醸の2種類があります。

天然醸造は人の手を加えず、天然の酵母の力でじっくり時間をかけて発酵させます。一方の速醸は、発酵の過程において温度調整や添加物を加えて短期間発酵させる方法です。

天然醸造と速醸を比べると、天然醸造の方が酵素量が桁違いに多くなります。

しかし、速醸で作られた発酵食品は大量生産できるため、天然醸造の方が高価になります。
酵素に重要なのは鮮度
「野菜や果物は鮮度が大事」というフレーズをよく耳にしますよね。

実は、鮮度はかなり重要で、鮮度を失った野菜やフルーツの酵素量は激減します。みずみずしい野菜やフレッシュな果物にこそ酵素は宿っていますので、身体に酵素を少しでも増やすためにも作り置きや冷凍はなるべく避けるようにしましょう。

食品をすりおろしたり、お酢と組み合わせることでも、摂取できる酵素の量は変わってきます。ひと手間加えるだけで量が増えるのであれば実践したいところです。

例えば、バナナしばらく置いておくと黒くポツポツと変色してきます。これをシュガースポットというのですが、シュガースポットが出てくるまで待つと酵素量が増加します。

ただし、あまりに待って黒くさせすぎるのは厳禁です(笑)

他にも、野菜やフルーツの酵素は果皮にも含まれています。ですから、リンゴなどは皮ごと食べるのもおすすめです。
酵素は熱に弱い
酵素は鮮度が重要と言いましたが、食材の調理工程でも気を付けるポイントがあります。

酵素はたんぱく質からできているので熱に弱いという欠点があり、一般的に酵素は48度以上の熱が加わると失活しはじめ、70度を超えるとほとんど死滅してしまうと言われています。

つまりいくら新鮮な食材を用意したとしても加熱処理をしてしまうと酵素の働きは無いということになります。

そのため新鮮な食材は生で食べるように心がけることが重要になります。

果物であれば基本的に生で食べれると思いますが、生野菜をそのままたくさん食べるのは難しいかと思います。

生野菜の定番料理としてサラダがありますが、ドレッシングなどのバリエーションを増やすことで比較的飽きずに食べることができると思います。

野菜や果物をすりおろすことで酵素を活発化させることができるのでひと手間加えてドレッシングを作ってみるのも酵素摂取には効果的です。

また野菜スティックにして食感を変えてみたり、その時々の生で食べれる旬野菜も加えてみるのもオススメです。

一方、酵素は寒さには強いので冷凍して自然解凍をすることでしっかりと摂取できます。

酵素を大量消費してしまうNG食品

酵素を多く含む食品もあれば逆に酵素を無駄遣いしたり、大量消費してしまう食品があります。
生たまご

生たまごはラーメンにいれてもおいしいですよね(笑)

しかし、生たまごの卵白にはオボムコイドという消化酵素の働きを妨害してしまう物質を含んでいます。

そして生卵白に多く含まれるアビジンは補酵素でもあるビタミンの吸収を妨げてしまいます。

加熱すればオボムコイドやアビジンは効力を失います。ですからたまごを食べる時は加熱調理をおすすめします。

生のナッツや豆製品

豆製品と聞くとダイエットや健康に良さそうなイメージが浮かんできます。

生のナッツや豆には発芽時期を守るためのアブシジン酸という酵素抑制成分があります。
しかしアブシジン酸は水に溶けやすく、一晩水に浸しておくと変化するので生のままのナッツや豆を摂取するときは12時間以上水につけておくと良いでしょう。

そして美容にもいいとされる豆乳も大豆を原料としているため酵素抑制成分を含んでいます。また、アブシジン酸のように水につけても変化することはありません。

大豆に含まれる酵素抑制成分は発酵させることで、逆に酵素を生み出す面白い特徴があります。

大豆を発酵して作られた味噌や醤油に酵素が豊富なのは理由はここにあります。

お菓子 カップ麺

お菓子やカップ麺などは手軽においしく食べる事ができるので重宝しますが、食品添加物が多く使われています。

食品添加物には消化されるものとされないものがあります。
消化されない添加物は腸までいき体外に排出されますが、その過程でも多くの消化酵素を使ってしまいます。

またお菓子やカップ麺にはお砂糖や油、塩分などが多く使われているので消化に時間がかかることで消化酵素の浪費になります。

お菓子やカップ麺などは栄養バランスがいいとは言えません。
栄養バランスが偏ってしまうと体内は酸性体質になってしまうので病気や老化の原因になってしまいます。

いつまでも健康でイキイキと生活するためにもならべく摂取を控える事が大切です。

アルコールやたばこ

お酒に含まれるアルコールは肝臓でADH(アルコール脱水素分解酵素)とALDH(アルデヒド脱水酵素)という酵素が働き2段階の処理がされます。

飲酒時間が長いほど体内のアルコールの分解に多くの酵素が使われてしまうので飲み過ぎない程度に楽しみましょう。

たばこも昔から百害あって一利なしと言われますが、酵素にとっても良い事ではありません。

食事などで多くの酵素を摂取していても、たばこに含まれるたくさんの有害物質を排除するために酵素は働きます。

健康管理のために酵素を意識しているのであれば尚更たばこは控えた方がいいでしょう。

フルーツの種

フルーツには酵素の多く含まれているものがたくさんありましたが、ほとんどの種には酵素抑制成分が含まれているので絶対に食べないでください。

種を食べても良いものは種の小さなキウイやイチゴ程度です。

せっかくの体内酵素をムダ使いしてしまうことになってしまうのでフルーツをまるごとスムージーにしたり、すりおろすときにも種は必ず取ってから調理してくださいね。

種さえ取ってしまえば安心して酵素を摂取することができます。

他にも、揚げ物やファストフードなどの加工食品やカフェインを含む食べ物飲み物は消化が悪く、体内酵素の働きを阻害してしまいます。

30歳過ぎたら意識的に
体内の酵素は毎日作られますが、年齢を重ねるごとに減少してしまうと言われています。

身体の中の酵素量は20代をピークに50代までに約半数にまで減り体内で酵素不足になっていきます。

体内の酵素が減り始める30歳からは特に酵素を意識し酵素を取り込みましょう。

消化酵素の節約

また食べる食材によって消化時間は異なります。

そして消化に時間がかかればかかるほどたくさんの消化酵素が必要になります。

食事の際にはできるだけ消化の良いものを心がけ消化酵素の節約をしましょう。

酵素を含む生の野菜やフルーツ、発酵食品を積極的に摂ることは美容や健康、ダイエットにも繋がります。

しかし、酵素のことを過剰に意識しすぎて食事を楽しめないのも残念ですよね。なかなか修行僧のように厳格な食事のルールを守るというのも難しいことです。

ですから、好きなものを食べるときは適度に食べて、普段は酵素のことも考えて野菜中心の食生活にするなどオンオフを切り替えるようにしましょう。

しかし、ただでさえ不規則な食生活の中で生野菜やフルーツ、発酵食品を十分に摂ることは難しいとも言えます。

仕事や家事に追われていると、鮮度が重要視される食材を確保することも食べ続けることも簡単ではありません。野菜やフルーツの価格も上がってきています。

ですから、当サイトで紹介している生酵素のサプリメントは、ダイエットだけでなく不規則な食事を補う目的としても十分におすすめできます。

監修:管理栄養士紹介

名前

クリニックやエステサロンオーナー様に向けた栄養の勉強会を実施。アンチエイジングに特化した抗加齢専門指導士としても実力を発揮。

このページの先頭へ戻る